愛媛県新居浜市にある総合住宅展示場「ホービス新居浜」

ホービス新居浜 住まいと暮らしのクリエイティブプラザ

来場予約 ただいまキャンペーン中!!抽選でQUOカード(1000円分)が当たる!
営業時間 10:00~17:00

HOVIS COLUMN

透け感が空に映える手づくりアクセサリー

2022.06.08

今年も梅雨の季節がやってきました。
前回の湿気対策で環境と体調を整えたあとは、夏に向けて準備を始めたいですね。

 

さて今回は、梅雨時期の暇つぶしにもおすすめ、夏にぴったりなアクセサリーパーツの作り方をご紹介します。

 

 

■ プラ板で作るアクセサリー(難易度:★☆☆)


プラ板とは文房具屋等で売られている透明・または色のついた薄いプラスチック板のことで、熱を加えることによって変形・収縮します。
昔は小学生を中心に流行った科学遊びのひとつでしたが、近年では大人向けアクセサリーを作るハンドメイド作家さんも使用するなどポピュラーなものとなっています。

 

  

さてその作り方ですが、プラ板に絵を書いたり色を塗るなどした後に好みの形に切ってトースターで焼きます。
焼き方は、余熱しておいたトースターに①くしゃくしゃにして広げたアルミホイルと、その上に②クッキングシートを被せたものに、プラ板を乗せ、あとは約45秒~1分半焼くだけです。
最初の数十秒は熱でプラ板が波打ちますが、収縮が止まれば完成です。
焼く前に穴あけパンチ等で通し穴を空けておくと、後ほどチェーンや金具を取り付けるのに便利です。

 

 

《アレンジ》
モチーフパーツを丸カン(円型の金具)で繋げる方法です。
植物なら葉と実、動物なら胴体としっぽ、などのように敢えてパーツを分けることで、アクセサリーに動きが出ます。
画像のように、惑星と星を繋げるのも楽しいです。

 

※プラ板の厚さやメーカーによって収縮時間や収縮率は変わるので試作をお勧めします。
また、絶対に食べ物などと一緒に焼かないようご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

■ レジンで作るアクセサリー(難易度:★★★)


レジンとは、主に歯科技工や工業の分野で用いられる合成樹脂のことですが、近年では一般の方でも簡単に扱えるタイプのものが出回っており、プラ板と同じくハンドメイドを趣味とされる方にも人気です。
ここでは①エポキシレジンと②UVレジンの2種類をご案内します。

 

①エポキシレジン:主剤と硬化剤という2液を混ぜ合わせることで硬化する
②UVレジン:太陽光やブラックライトなどの紫外線を当てることで硬化する

 

  

作り方はこちらもシンプルで、シリコンの型(モールド)や金属の枠などにレジンや好みのモチーフを流し込み、それぞれの方法で硬化させると完成します。
色付きのレジンやドライフラワー、ビーズなどを使うことで、季節感のある作品が作れます。

 

 

《アレンジ》
小さなキューブ状のモールドの中にレジン液を半分流し込んで硬化します。
続いてゆるくまるめた綿を少し入れ、残りのレジンを入れて再び硬化させます。
取り出したキューブの表面に刷毛などでレジンを緩く塗って再度硬化させることで、少し溶けた氷のような、涼しげなパーツが完成します。
(綿は氷内部の曇りを表現します)

 

※硬化時間はレジンのタイプや使用量、環境によって異なります。
また、レジンは薬剤なので作業の際には必ず換気し、マスクと手袋をつけてください。体質によってはレジンアレルギーを引き起こす場合があるので、異変を感じたらすぐに作業を中止して医師に相談してください。

 

 

準備の段階で既に楽しい手づくりアクセサリー。
カニカンや引き輪などの留め金具を使えば年中使えるマスクチャームにもなるので、練習も兼ねて色々作ってみませんか。